グループホームや余暇活動等を通じて、障がいのある人と家族を支援する事業を行うとともに、多くの人々と手をつなぎ、障がいの理解をすすめることで、地域福祉の増進に貢献します。

1分でわかるCSP

  • HOME »
  • 1分でわかるCSP

1分でわかるCSP

知的障がい者をとりまく環境は、昨今、大きく変わりました。
これまで、多くの知的障がい者が、成人後、生まれ育った地域から離れた入所施設で暮らしていましたが、
自立支援法施行以降、福祉的支援を得ながら、地域で自立した生活をすることが薦められてきました。
一方、依然として、地域には自宅以外で、彼らの住まいとなりうるもの(グループホームを含む)は圧倒的に少なく、
多くの知的障がい者が親と自宅で暮らしているのが現実です。
また、知的障がい者が休日に時間を過ごす相手は、主に親であるとの報告があります。
これらのことから、知的障がい者が、成人してからも親元で生活し、
親に依存しながら生活している様子がうかがえます。
これは彼ら、知的障がい者にとっての本当の自立という観点から、健全な状態といえるのでしょうか?

1分でわかるCSP

ご相談・ご質問はコチラ

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © チャレンジドサポート プロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.